新「折り紙カード置き場」の作り方

ボードゲームではよくカードが使われますが
カード枚数が多かったり、ツルツルのスリーブに
入れていたりすると、よくカードの山が崩れてしまいます。
そんなご不満を解消するために

「A4コピー紙1枚で作れる!」
「ハサミ・のり・セロハンテープがいらない!」
「折り紙を折る器用さがあればOK!」
「折り線の印刷もいりません!普通の折り紙と同じように折ればOK!」

という新バージョンの「折り紙カード置き場」ができました!

画像


前バージョンと同じく奥への傾斜があるので、カードの雪崩も起きにくく
しかもり奥の支えが高く5㎝もあるので、より多くのカードを乗せられます。


今回は折り目の位置がわかりやすいように絵柄付きの紙でいきましょう。
まずはA4の紙を縦置きに用意。

画像



それを横に折って半分にします。

画像


さらに縦に半分に折って折り目をつけ、広げます。

画像



左右を真ん中に折り畳み広げる、を裏表両方でやります。
これはどちらの方向にも折れ曲がりやすくするためです。

画像


画像



続いて手前の角を斜めで半分に折って広げます。それを左右両方で行います。

画像


画像



今度は左右の4分の1の折り目に合わせて三角におります。
そのままその直角三角形に合わせて奥へ折ります。

画像


画像



次に紙を奥から手前にひっくり返します。
そして左右の奥の角を斜めに折ってから広げます。

画像


画像


画像



そして下の紙の位置を基準にして手前から奥へ折ってから広げます。

画像


画像



そしてこの折った部分を半分に折り、更にまた半分に折って最後に折った部分を広げます。

画像


画像


画像


で、ここからなんですが一般的な折り紙とは少し違った事を

画像


赤い線を書き加えた部分がわかるでしょうか?右上のカドと、そこから左下に下がって
折り目が十字に交わってる部分に引かれた線です。この線にそって折り曲げます。

画像


反対側も同じように

画像


そして真ん中の部分を折り曲げます。この時、紙の折る角度が変わる部分で
シワになるのですが、できて当たり前なので無視して次に進みます。
むしろこのシワ部分で強度が増すので都合がいいです。

画像


画像


さて、下準備はここで完了です。いよいよ形になるので以降は次のページで説明します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック